2006年02月26日

ブログ解体新書

本日大阪は雨です。

こんな日は美術館のカフェで窓から雨でも眺めたい>あいさつ

人柱1号です。


昨日、映画を見ました。




「劇場公開された週末の興行収益のよさもさることながら、『バタフライ・エフェクト』は家で、後ろめたく思いながら見るのもまた楽しい作品だ。脚本兼監督のエリック・ブレス、J・マッキー・グラバーのコンビ(2人は『デッドコースター』の原案を書いている)は、場当たり的に論理が展開するルールを崩しておらず、品のないサスペンスである本作も不快感をいっぱいにして、永遠の破滅が魅力的な選択肢に思えるように仕立ててある。アシュトン・カッチャーが、TVシリーズ「That '70s Show」のキャラクターとは逆転して、心理学を学ぶ大学生を演じる。彼は子供のころの日記を読み返して、自分の過去を訪れ、トラウマになっている出来事を変えることができることに気づき、以前の不幸な結果を良くしたいと願う。だがその代わりに、「バタフライ・エフェクト」というカオス理論(本作の題名であり、『ジュラシック・パーク』でジェフ・ゴールドブラムが演じたキャラクターによって有名になった理論)による向こう見ずな経験が、悪夢のように続く様々な出来事となる。どの出来事も彼や彼の友人たちにとって悲惨な結末となる。この興味深い前提条件は、いくつかの面白いひねりによって探求されるが、児童ポルノ、動物虐待、神を冒涜する暴力的な子どもたちといったわき筋によって娯楽映画と呼べる作品になっている。(Jeff Shannon, Amazon.com)



 これが、解説で難しい表現ですが、

簡単に言うと、「その場その場の選択で、人生大きく変わるということ」
を気づかせてくれます。

過去に戻れる不思議な能力を持った主人公は

色々な人生を送ります。その都度、判断を間違え(間違いではないと思いますが、望んだ方向ではない方向に向かってしまい、過去に戻り続けます。)


これ、実際の人生でもできたらと思いますが、現実はそんなに甘くない。
というわけで、


今のあなたの選択は、

もう戻れない選択です!



後悔してほしくないので、今回は著者の言葉をそのまま送ります。




〜ここから〜



■『ブログ解体新書』〜小学生でも10万円毎月稼げるほど親切&丁寧な本物のブログマニュアル〜」






早いものですね・・・
この間まで『ブログ解体新書』の作成作業に四苦八苦していたような気がします。
それほどしんどかったんですよ(笑)

思い出したくもないぐらいですね・・・
元々私は文章を書くのは苦手です。
原稿用紙4枚以上の文章は書いた事がありませんでした。

でも、『ブログ解体新書』は340ページもあります。
文字数・・・100,000文字・・・

100,000÷400=250ページ

な、な、なんと、400字詰め原稿用紙250ページ分の分量です。
はい、そりゃぁもう死にもの狂いで書きました。

1ヶ月間丸々『ブログ解体新書』の作成期間に当てましたからね。
1日1時間とかじゃないですよ。
1日5時間とかずっと書きました。
4〜5回ほど全て書き直しました。
モニターの意見を聞きながら何度も加筆・修筆を加えました。

私の18年間の人生の中で1番頑張った1ヶ月間です。

そうして出来上がったのが『ブログ解体新書』
これにはほんとに自信があります。
それだけ苦労して書きましたから・・・


後3日で『ブログ解体新書』の限定特典である音声ファイル

月商1200万円若手ネット起業家 VS 『ブログ解体新書』購入者
〜激白!ノウハウ暴露!質問トークバトル!〜

の配布が終了してしまいます。

この音声ファイルには、かなり重要なノウハウが詰め込まれてます。
この音声ファイルを取るだけでも3時間ぐらいかかりましたから。

5000円〜10000円ぐらいなら売れるんじゃないかと思うぐらいの出来です。
これも自信作です。

感想をもらってるので聞いてください^^


<<ここから>>
こんにちは。山口です。
購入者限定特典、さっそく拝聴いたしました。

和佐さんらしさ満載ですね、これ。

●購入後、実際に寄せられた
「ここがわからない!」「ここはどうしたらいいの?」
 という「生の声」に、一切出し惜しみせず、
 わかりやすく答えている。

●何より、和佐さん本人の肉声が聞ける!!

文字にするとこれだけですが、
実に、奥が深い。

初心者の心情を、1mmも違わずにわかっていないと、
このような特典は作れません。
やはり、並の18歳ではないですね(笑)

実は、初心者の方の不安は、
メールサポートや専用フォーラムといった
「文字だけのフォロー」では
拭い去れないものなんですね。

じゃあ、何があるといちばん安心できるのか。
もうおわかりですね(笑)

初心者向けの商材を販売されている方の中で、
このことがわかっている方を、僕は和佐さん以外に知りません。

だからこそ、「ブログ解体新書」が、
そして和佐さんが、これだけ支持を得ているのだと思います。

ここまで購入者思いなんですから…これは手に入れないと損ですよ^^
<<ここまで>>


もう1つ


<<ここから>>
和佐さん・・・

こんなに丁寧で初心者の方のことを考えた
音声特典は初めて聞きましたよ。

様々な質問に対して、初心者にわかりやすく、
かつ、すぐノウハウとして活用できるように答えている・・・

まさに和佐さんが稼いできた道筋を、
質問に対する答えと化してあなたに伝えてくれます。

さらに、ブログですでにある程度実績を上げている方でも、
見落としがちなブログの「ワナ」そして「重要なポイント」
これらが、まるまるこの音声には含まれていると思います。

この音声を聞いただけで、大きな結果を
得る人がたくさん出てくると思います。
<<ここまで>>




■『ブログ解体新書』〜小学生でも10万円毎月稼げるほど親切&丁寧な本物のブログマニュアル〜」






↑後3日ですから^^
この特典は手に入れてくださいよ。。

あと、来月も特典を作ろうと思ってます。
既に購入してくれている方全員に配ります。

つまり、『ブログ解体新書』を早く購入すれば多くの特典が手に入るんですね。
今買えば、今月分も来月分も特典が手に入りますよ^^


〜ここまで〜



人の表現は「人のフィルターを通ってしまう」という弱点があります。

伝言ゲームのように「オリジナルメッセージが伝えたいこと」から

「ズレ」る可能性があるということです。


最近こんなセリフを見ました。


「信用している友人の情報からだと、
思考が単一化してしまい、
間違った情報にも価値を見出そうとしてしまうからです。」


この言葉はマジックションソンの手紙にも当てはまると思います。


「お前には無理だよという言葉を聞いてはいけない」

これはまわりにいる
「信用している友人」がくれた言葉であり、


まわりにいる
「信用している友人」の判断=過去のあなたからくる予測

=「間違った情報にも価値を見出そうとしてしまうからです。」


なぜこんなことを書くかというと、


「今のあなた」  
「なにか決意を決めたあなた」

この2人は同一人物ではないということです。


それは



これを見れば、私が伝えたいことがわかっていただけると思います。


さて、本日は日曜日!
いったい何人がこの映画を見るのでしょうか???


「ピッ」と思って「パッ」と

動き続けるとうまくいく。



これは成功者が、「ほぼ全員」言っていることです。


「みえないところからのメッセージを受け取る」
これは計算されています。


このページを見た。
これは
「導き」からです。


あとは「活かすも殺すもあなた次第」

まず、映画をみてください。


人生を考え直すのにいい映画でした。




この映画は「あきらめないこと、動き続けること」の大切さを





この映画は

君はがんばらなくても「何者か」にはなれるだろう、
しかし、それは「がんばり続けた君」と同じじゃない。

〜ロバート・キヨサキ〜

この言葉の意味を、本当に実感として感じれる映画でした。(選択の重要性という意味で)




By 人柱1号

posted by 人柱1号 at 14:44| Comment(0) | ブログ解体新書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
自動相互リンク集無料レンタル
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。